読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「女子力高い旦那」ゆーきさんのWebマガジン

ただいま、FXトレーダー日記公開中!

胎児の成長の様子

こども

お腹の中にいる赤ちゃんを、

産まれてきた赤ちゃんと区別するため

「胎児」

と、呼びます。

 

 

妊娠2か月(4~7週)

人としての機能がないので、胎芽(たいが)という呼ばれ方をする。

胎児の基の細胞などでつくられている状態。

 

胎嚢(たいのう)と呼ばれる、赤ちゃんを包む袋(家!?)もこの頃見られる。

 

 

妊娠3か月(8~11週)

この頃から”胎児”と呼ばれる。

体重10~20g。

 

心臓の音も聞こえて、内臓の機能も完成する。

見た目も、頭・身体・手・足とわかるようになる。

 

 

妊娠4か月(12~15週)

手のひらサイズまで成長する。

胎盤と呼ばれる、赤ちゃんに栄養を送る機能も出来ます。

 

 

 

妊娠5か月(16~19週)

300gまで成長して、ママのお腹もポッコリと目立ちはじめる。

胎動と呼ばれる、赤ちゃんが動き回る動きを感じられるようになる。

 

 

 

妊娠6か月(20~23週)

筋肉とかが発達してきて、音も聞き取れるようになる。

ママの声は、骨からの振動により聞き取りやすい状態になっている。

 

 

 

妊娠7か月(24~27週)

五感が発達して、寝ている・起きているの区別がつくようになる。

お腹の外で生きられない・・・という時期を過ぎたため

仮に早産でも生き延びられる状態。

 

 

 

妊娠8か月(28~31週)

大きくなりすぎて、自由に動き回れない。

逆子じゃない場合、頭が下になっているのが定位置になる。

肺呼吸の練習もするようになる。

 

 

 

妊娠9か月(32~35週)

皮下脂肪も増えて、超音波検査をして見ても

新生児と変わらない姿をしている。

 

肺も完成し、神経も発達して細かい動きや

体温調節・消化機能なども良くなっている。

 

 

 

妊娠10か月(36~39週)

内臓機能が完成して、いつ産まれてもいい状態になっている。

赤ちゃんの肌に付いてた、羊水から守る胎脂もなくなりピンクい肌になっている。